高麗博物館

〒169-0072
東京都新宿区大久保1-12-1
 第二韓国広場ビル7階

TEL:03-5272-3510   
FAX:03-3207-0533 
E-mail :kourai@mx7.ttcn.ne.jp


フェイスブック

 高麗博物館FC


























高麗の学習・研究会
 ・絵本でコリアを知る会
 ・民族教育研究会
 ・日本書紀学習会
 ・朝鮮女性史研究会
 ・日韓条約研究会
 ・在韓被爆者研究会
 ・文禄・慶長の役研究会
 ・ハングルをめぐる世界の
  研究会
 ・地図の会

 ・韓流文化の会
 
※ご興味ある方は、当博物館までご連絡ください。
2002年~
2011年
館報・館便り
旅行
次回企画展
ハングル講座
映像で学ぶ会
出前講座

高麗博物館館開館15周年記念
特別頒布
 
『韓国のやきもの』~
詳細はこちら⇒

活動案内
利用案内
会員募集
募金のお願い
当館の沿革
当館の概要
ボランティア
ハングル案内
リンク集
2010年
2009年
企画展

関連企画 交流トークも開催!

企画展示「有田焼400年 望郷と同化のはざまで 朝鮮被虜人の生活と文化」(8月27日まで)に関連して、“交流トーク”を行います。メンバーが交代で話題を提供し、みなさまとの交流を広げようという集まりです。下記のテーマ・担当で行います。
ぜひご参加ください。(展示室にて 予約不要)

◆7月14日(金)15:00~16:00 被虜人の生と苦難(三宅しゅうぎ)
◆7月21日(金)15:00~16:00 『看羊録』って面白い。
  ~『看羊録』に見る姜沆の足跡(円谷弥生)
◆8月 5日(土)14:00~15:00 有田焼と柿右衛門(百瀬真理)
◆8月19日(土)14:00~15:00 12歳で拉致されたある被虜人の生涯(小澤秀子)
◆8月26日(土)14:00~15:00 有田焼と望郷の丘(遠藤悦子)

コンサート
講演会
学習・研究会
展示物

NPO法人高麗博物館2017企画展示 400年前の朝鮮侵略Part 2
有田焼400年
望郷と同化のはざまで~朝鮮被虜人の生活と文化

2017/5/3(水)~8/27(日)
休館日:月曜・火曜 
入館料:400円(中高生200円)
        ※詳細はこちら⇒チラシ表
               ⇒チラシ裏     

韓国伝統音楽と舞
今 よみがえる高麗の音・舞   大人気! 予約お早目に
 江戸時代、被虜人として連行されてきた朝鮮陶工たちは、故国の歌と踊りを楽しんだ。異土に生きる唯一の命の再生の場だった。姓を、ことばを、そして歌舞まで奪われ、それでも日本の宝といわれた有田焼の祖となった。窯業地皿山に生きた人々を偲ぶひとときでありたい。在日の第一線で活躍するスペシャリストのステージを、高麗のマダンで体感してください!
日時:6 月24 日(土)14:00~16:00
会場:当館 (定員 60 名 ※当日展示は見られませんのでご了承ください)
参加費:2000 円(入館料含む)
要予約:03-5272-3510 kourai@mx7.ttcn.ne.jp

           ※詳細はこちら⇒チラシ

展示中企画展と関連イベント
刊行物

朝鮮料理店・産業「慰安所」と朝鮮の女性たち
~埋もれた記憶に光りを~

2017/8/30(水)~12/28(木)
休館日:月曜・火曜 
        ※詳細はこちら
⇒チラシ表
                      ⇒チラシ裏

高麗博物館は、新宿大久保にあり、コリア(韓国・朝鮮)の歴史、民俗、芸術などを紹介しています。

●チマチョゴリ、パジチョゴリ試着できます。記念写真や旅行の思い出に!(要200円)
●ハングル講座開催中!
   ⇒詳細はこちら
●パネルの貸出いたします! ⇒詳細はこちら
チケット発売中!
李政美(イ・ヂョンミ)
     コンサート

期日:7/29(土)
 13:30開場 14:00開演
場所:R’sアートコート
チケット:前売り3000円
※要予約 連絡先03-5272-3510

※詳細はこちら⇒チラシ表
       ⇒チラシ裏